リンクとエーティーワークス、ホスティングサービス「at+link」のサポートレベルを引き上げ

「プレミアム監視」での標準監視間隔を15分から5分に変更し、7月17日から提供
よろしければこちらもご覧ください

ネット関連サービスのリンクとサーバー機器のエーティーワークスは、共同で展開するホスティングサービス「at+link(エーティーリンク)」の「at+link専用サーバサービス」や、インフラをインターネット上のサービスとして利用するパブリック型IaaSの「at+linkクラウド」で提供している「プレミアム監視」での標準監視間隔を15分から5分に変更し、7月17日から提供する、と同日発表した。

at+linkではユーザーのネットワークやサーバーへの応答状況を確認する「死活監視」とCPUの温度、システム温度、CPUのファン回転数などを監視する「ハードウェアモニタリングシステム」を標準提供。また、死活監視だけでは対応できないプロセスやリソースなどを監視するオプションサービスとしてプレミアム監視をオプション提供している。プレミアム監視の標準監視間隔を5分にすることで、より安定した運用環境を提供することが可能になるという。

リンク
http://www.link.co.jp/

エーティーワークス
http://www.atworks.co.jp/

at+link
http://www.at-link.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]