米国リターゲティングプラットフォームのAdRoll社が日本オフィス開設、3月2日から営業開始

日本市場向けにローカライゼーションし、顧客に包括的アカウント管理サービスを提供
よろしければこちらもご覧ください

リターゲティング広告用プラットフォームを提供する米国AdRollは、日本の広告主向けに東京オフィスを新設し、3月2日から日本での営業活動を開始する、と2月26日発表した。東京オフィスはサンフランシスコ本社、ニューヨーク、ダブリン、シドニー、ロンドンオフィスに次ぐ6番目の拠点となる。営業開始に伴ってAdRollは、日本市場向けにローカライゼーションを行い、日本の顧客に対して包括的なアカウント管理サービスを提供するという。

AdRollは日本での事業開始にあたり、11のデジタル広告代理店と2つのメディアレップ(インターネット広告の一次代理店)と契約し、複数のプラットフォームやデバイスにおいてリターゲティング広告展開が可能。現時点でのパートナー企業は「サイバーエージェント」「オプト」「セプテーニ」「アイレップ」「トランスコスモス」「ヴィクシア」「マイクロアドプラス」「アドウェイズ」「ユナイテッド」「サイバーコンサルタント」「GMO NIKKO」「サイバー・コミュニケーションズ」「デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム」となっている。

AdRoll
http://www.adroll.com/ja-jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]