富士通、ソーシャルメディアデータ分析の「FUJITSU DataPlazaソーシャルメディア分析ツール」を提供

経営課題の把握やマーケティング、商品企画、顧客管理などに消費者の声を活用

富士通は、ソーシャルメディアデータを収集し、解析、分析するクラウドサービス「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」を1月30日に提供開始する、と同日発表した。「Facebook」「Twitter」ブログ、掲示板などのソーシャルメディアから個人の声を収集、分析するツールで、企業は経営課題の把握やマーケティング、商品企画、顧客管理、サプライチェーンマネジメントなどに消費者の声を活用することができる。

FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツールは、FacebookやTwitterをはじめ、各ニュースサイトや国内主要ブログなどを対象とする。分析、検索できるのは、過去13ヵ月前からのソーシャルメディアデータとなっており、日別、週別、月別の分析が可能。複数ワードを組み合わせた検索、分析や、複数ワードの関連性の強弱をつけた検索もできる。また、グラフを用いて分かりやすく把握できる時系列分析、デモグラ分析、ポジネガ分析、クラスタ分析、Twitter分析の5つの分析手法がある。

富士通
http://jp.fujitsu.com/

FUJITSU DataPlazaソーシャルメディア分析ツール
http://jp.fujitsu.com/solutions/convergence/service/dataplaza/socialmedia/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]