電通と富士通、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業での協業を発表

クラウドを活用したマーケティング・クラウドプラットフォームの重要な領域で協業
よろしければこちらもご覧ください

電通と富士通は、ビッグデータを活用したマーケティング領域の事業で協業することについて合意した、と5月16日発表した。電通では、クラウドを活用した統合型マーケティング・クラウドプラットフォームの構築を推進している。プラットフォームはオープン化し、パートナー企業との連携を進めている。今回はプラットフォームの重要な領域であるビッグデータを活用したマーケティング領域の事業において、富士通をパートナー企業の1つとして協業することになった。

協業では、「共同コンサルティングサービス」としてマーケティング・デザイン、事業開発プロデュース、導入ワークショップの3種類のコンサルティングサービスを提供する。また、電通と富士通の両社による「サービスの共同開発」を行い、顧客企業のマーケティング業務に貢献する。共同開発の第一弾として、富士通が収集するセンサーデータをマーケティング活動に利用するサービスを提供する。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

富士通
http://jp.fujitsu.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]