ロックオン、リスティング広告マネージメント「THREe」のポートフォリオ機能をバージョンアップ

運用ノウハウの高度化に合わせ、コンバージョンの件数に質を加味した最適化を可能に

インターネット関連ソフトのロックオンは、第3世代のリスティング広告マネージメントサービス「THREe(スリー)」のポートフォリオ機能のバージョンアップを行い、コンバージョンの件数に質を加味した最適化が可能になった、と2月4日発表した。リスティング広告の運用ノウハウの高度化に伴って顕在化した課題を解決する取り組みとして、ポートフォリオ機能をバージョンアップした。

THREeのポートフォリオ機能バージョンアップは、件数を最大化する従来の機能に、媒体側の管理画面から取得する売上金額や、問合せ、資料請求など種類の異なるコンバージョンを考慮することで、自動的にコンバージョンの質を加味した最適化を行う機能。質を加味しない最適化の場合、売り上げが異なるコンバージョンは同じ価値となる。THREeは、売り上げ額によってコンバージョンの価値を判断して最適化を行う。また、最適化業務をキーワードごとに自動的に処理することにより、広告効果を最大化することが可能になるという。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]