ひとりSEO担当者の疑問に答えます

海外サイトからの大量の不審なリンクにどう対処する?

SEO担当者の質問に、SEOのエキスパートである住 太陽さんが実践的で有効な解決法を答えます。今回の質問は「海外からの不審な被リンクへの対処は?」です。

ひとりで頑張るSEO担当者さんの悩みに答える本連載。今回の質問は「海外サイトからの大量の不審なリンクにどう対処する?」です。この回答は「何もせず無視しましょう」です。

「海外サイトからの大量の不審なリンクにどう対処する?」に対する回答は、
「何もせず無視しましょう」です

海外サイトからの大量の不審なリンク

今回の相談内容は、サーチコンソールに現れた海外からの大量の不審なリンクへの対応についてです。クライアントさんのサイトのサーチコンソールを確認したところ、海外からの大量のスパムリンクを発見し、とりあえずリンクの否認を実施したものの、また別の新しいドメインからのスパムリンクが検出されるというイタチごっこで、対応に苦慮しているというものです。今回の質問はペンネーム「K」さんが寄せてくださいました。よくある事象かと思います。

なお、リンクの否認とは、Googleのヘルプ「サイトへのリンクを否認する」にある通り、Googleのスパムガイドライン違反になりそうな疑わしいリンク元のページやドメインを否認し、それらの疑わしいリンク元からの被リンクの影響が及ばないようにする手続きを言います。

リンクの否認はしなくてOK

結論から言うと、リンクの否認は実施する必要はなく、すでに提出済みのリンクの否認ファイルも削除して問題ありません。Googleは信頼できないリンクを無視できるからです。リンクの否認ツールが公開された2012年から3年間ほどは、筆者も海外のスクレイピングサイトなどからのリンクを否認していましたが、2016年頃にはリンクの否認ファイルを削除してしまいました。それでも問題はおこっていません。

なお、現在でもリンクの否認を実施すべきケースは、人為的なスパムリンクが多数あり、削除できないような場合だけです。人為的なスパムリンクとして典型的な例は、「ダイエット」「脱毛 大阪」「カードローン 即日」といったキーワードに完全一致するアンカーテキストでのリンクです。このようなリンクが自然に発生することはまずあり得ませんが、もし仮に発生していたら否認すべきでしょう。

まとめ

海外のスクレイピングサイトなどから大量にリンクされることはよくあることで、質問者の「K」さんと同様に対応に苦慮されている方も多いことと思います。ただ、遅くとも2016年頃までには特別な対応は必要なくなっていますので、完全に無視して構いません。

リンクの否認などの対応が必要なのは、検索順位を操作することを目的としていることが明らかな作為的なリンクで、リンクそのものを削除することができないものだけです。

P.S.
本コーナーでは、読者の質問にお答えしています。誰にも聞けずに困っていること、現場で感じるふとした疑問など、どしどし質問をお寄せください。

◇◇◇

ひとりSEO担当者の疑問や悩みを募集しています。応募したい方は以下からお願いします。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]