日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

震災時帰宅支援マップ首都圏版 Android版などマップル・オンが開発強化

マップル・オンがスマホ用アプリの開発を強化している
よろしければこちらもご覧ください

昭文社の100%子会社で、モバイルコンテンツの企画開発を行うマップル・オン(本社東京都、花岡幸信社長)がスマホ用アプリの開発を強化している。

累計販売部数100万部を超えた地図「震災時帰宅支援マップ首都圏版」のスマホ用アプリを開発。7月にiPhone用、8月31日にはアンドロイド版の提供を始めた。

同社は今年に入ってからカーナビ機能を搭載したアプリや、ゴルフコースを表示するアプリを発売。今後、観光ガイド用アプリを3~4種類提供する予定で、有料アプリの購入顧客100万人を目指す。

「震災時帰宅支援マップ首都圏版」のアプリは、GPS機能を使ってユーザーの現在地を表示。住所をあらかじめ登録しておけば、帰宅時に自宅がある方向を矢印で表示する。販売価格は1ダウンロード800円。iPhone用の1日当たりのダウンロード数が1000回を突破した。

ゴルフコースを表示するアプリ「GOLFな日」もアップストアのスポーツカテゴリーでランキング1位を獲得。

全国2300カ所以上のコースデータが入力されており、GPS機能で距離計測やボールの現在地が確認できる。

・震災時帰宅支援マップ首都圏版(Android マーケット)
https://market.android.com/details?id=jp.mappleon.android.kitakushien

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

DNS
DNS(Domain Name System/Domain Name Serve ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]