日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

福島県 風評被害対策サイト「ふくしま新発売。」開設 放射能物質の検査結果など

正確な情報を提供し、県産品に対する風評被害を払拭するのが目的。

福島県は8月17日、県産の農産物や水産物について、放射性物質の検査結果を表示する専用サイト開設した。品目や生産地域、検査日から放射性物質の検査結果を検索できる。正確な情報を提供し、県産品に対する風評被害を払拭するのが目的。

開設したのは「ふくしま新発売。」。サイト上で「8月3日」「伊達市」「モモ」と入力すると、8月3日以降に検査が行われた伊達市産のモモの数値が検体ごとに閲覧できる。

開設初日から約11万PVを超える閲覧があり、開設1週間となる8月24日の段階で閲覧は26万5210PVとなっている。

県はこれまでもホームページで検査結果を公表してきた。だが、測定日ごとに産地と品目、数値が羅列されるだけで、「目当ての農産物を探しにくい」と不評だった。

専用サイトでは、農家のインタビューや観光地の動画も公開して福島のPRに努める。8月31日から4人の情報員が、福島県各地域の生の情報を「ふくしま地域レポート」として発信していく。

県の担当者は「正確な情報を発信し、風評被害を払拭したい」と話している。

・ふくしま新発売。
http://www.new-fukushima.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]