日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ヤマダ電機 モール事業刷新 仕入れ型から出店形式に

EC事業者にとってなじみやすい出店形式に変更することで再スタートを切る。

ヤマダ電機が運営するECモール「YAMADAモール」が今年10月にもリニューアルすることが分かった。同モールでは出店者の商品をヤマダ電機が仕入れて消費者に販売する仕組みをとっていたが、リニューアル後は「楽天市場」などと同様、出店形式にして、売り上げに応じた手数料を徴収する形に変更する。仕入型のモールに参加企業が集まらなかった模様。EC事業者にとってなじみやすい出店形式に変更することで再スタートを切る。

今年10月から新たな出店プラン「YAMADAモールストアプラン」を導入する。プラン内容は月額4800円、販売手数料は1.5~5.5%になる見込み。8月~9月に出店営業を行い、300社ほどの出店者を集める予定。

従来までの商品卸取引は「YAMADAモールオフィシャルパートナープラン」として存続させ、主にメーカーや卸売事業者向けに提供していく。

これまで当社が仕入れる形で販売してきたが、多くの事業者から、『楽天市場』のようなモール形式で提供してほしいという要望があった。掲載商品数を拡大するためにも、モール形式に変更することに決めた」(広報)としている。

今年10月以降に再びテレビCMや店頭でのキャンペーンを実施。新たな出店プランをスタートさせるのを機に、モール事業の立て直しを図る。

・YAMADAモール
http://ymall.jp/shop/

・ヤマダ電機
http://www.yamada-denki.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]