日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

10年度の宅配便は32億1983万個 ネット通販の需要拡大で3年ぶりに増加

ネット通販に対する需要拡大や、宅配便各社の営業努力が個数増に貢献した

国土交通省が7月12日に発表した平成22年度(10年度)の宅配便取扱個数は、前年度比2.6%増の32億1983万個だった。ネット通販に対する需要拡大や、宅配便各社の営業努力が個数増に貢献した。宅配便の取扱個数が前年実績を上回ったのは3年ぶり。

宅配便取扱個数の内訳は、トラック運送が同2.8%増の31億9329万個。航空等利用運送は同0.9%減の2654万個。

トラック運送のトップはヤマト運輸の「宅急便」で、取扱個数は同7.0%増の13億4877万個。2位は佐川急便の「飛脚宅配便」で同6.1%増となる11億9404万個だった。

全体に占める上位2便のシェアは79.6%となっており、同2.8ポイント増と寡占化が進んでいる。

3位は郵便事業の「ゆうパック」。取扱個数は同31.4%増の3億4682万個だった。

航空等利用運送のトップは「飛脚航空便」で、取扱個数は同1.5%増の1143万個。2位は「宅急便タイムサービス」の477万個で同1.2%増だった。

・平成22年度宅配便等取扱実績について(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000034.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]