クロール エラーの急増をお知らせする、ウェブマスターツールの新機能について | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「クロール エラーの急増をお知らせする、ウェブマスターツールの新機能について」 からご覧ください。
Googlebot があなたのサイトをクロールする際、通常は HTTP ステータスコードの 200 (成功) が返ってきますが、まれに 404 (ページが見つかりません) エラーが返ってきたり、robots.txt によってアクセスが許可されないことがあります。このように、Googlebot があなたのコンテンツにアクセスできないときは、ウェブマスター ツールクロール エラー セクションにアラートが表示されます (実際にはエラーではなく、意図的にアクセス制限している場合も、クロール エラーとして表示されます)。このたび、Google では、サイトのクロール エラーの数が急増した際に、ウェブマスターツールのメッセージセンターにメッセージを送信するサービスを開始しました。この新機能は、クロール関連の問題が起きている可能性をあなたにお知らせするとともに、問題の診断と修正に使えるよう、エラーが発生した URL のサンプルも記載しています。

たとえば、アクセスできない URL の数が急増している場合のメッセージは 、以下のようになります。


Google からのお知らせ:サイト(http://www.example.co.jp/)での HTTP エラーの増加について

このメッセージは、サイトがウェブマスター ツールの認証を受けていて、Googlebot がクロール エラー数の急増を検知した場合にのみ送信されます。こうした重要な通知を、ひとつも見逃したくないという場合は、メール転送機能 を使うことで、普段お使いのメールアドレスにメッセージを転送することも可能です。

この新機能が、サイトのクロール範囲に悪影響を与えかねないような問題の早期発見・対処のお役に立てば幸いです。ご意見やご質問は、ぜひ ウェブマスター ヘルプ フォーラム へお寄せください。また、ウェブマスターツールをまだご利用でない方は、これを機に登録されることをお勧めします。ウェブマスターツールへのご登録は、まず ウェブマスターツール へアクセスし、 サイトの追加 を行ってください。ウェブマスターツールの詳しい情報は、ヘルプ記事「 ウェブマスターツールの使用方法 」をご参照ください。

Posted by Pooja Shah and Jonathan Simon
Original version: New Message Center notifications for detecting an increase in Crawl Errors
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]