インハウスをマーケティングビジネスの視点から考える

ランディングページ(以下をLPと表現します)やホームページの作成、さらには広告運用まで全てをインハウスする
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

 

ランディングページ(以下をLPと表現します)やホームページの作成、さらには広告運用まで全てをインハウスするというのは私は全く考えることが出来ませんでした。

しかし、未来館の西野博道から指導して頂いたことは今後は、それらのことも自分たちで出来るようにならないといけない。

ということでした。

初めはそんな無茶なこと出来るわけがないと思ってたのですが、今となってはそれらは全部自分たち(社内)で出来ることなのです。

この記事ではそんなインハウスについての考え方を未来館編集部の妹尾満隆が解説していきます。

インハウスとは

インハウスとは色々な意味で使われることがありますが、ビジネス用語で言うと『内製化』と言う意味になります。

ですので、LPやホームページ、バナーの作成、広告運用などを外部の専門の会社に任せることなく自社でやっていくことを言います。

そのほかにも、電話対応などもインハウスで作る会社が増えてきています。

インハウスの考え方

社員数や社員の日々の業務がある中で、それら全てをインハウスすることは出来ません。

ですが、一部をインハウスにすることは可能です。

特にデジタル面でのインハウスを取り入れることは、会社にとって非常に大きなメリットがあります。

まず考え方なのですが、『自分たちが思ってる以上に難しくない』と言うことです。

ホームページ、バナー、LPの作成や広告運用と言うのはそれをやったことがない人からすれば非常に難しく、専門的な知識を必要とするような印象を持ってる方が多いと思います。

実際にひと昔前まではそれらの作業は、専門知識を持った人でないと作ったり広告の場合は失敗することが多かったです。

ですが、今はそんなことはありません。

テクノロジーの進化と共に、それらの作業は非常に簡単に出来るようになってしまいました。

私たちがイメージする難しいという気持ちがそのまま残ってて、テクノロジーの進化に追いついてないとも言えますよね。

スキルを身につけるのにどれくらいに時間が必要か?

インハウスを導入するメリットとデメリット

インハウスの未来

まとめ

続きはこちらから

 

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]