やずや少数盛栄塾 わかる通販道場  売上30億円突破への道

ECサイトでのCRMの必要性と活用方法を解説します!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ECサイトを運営する上で、CRMは欠かすことの出来ないマーケティング手法であり、これからの時代はよりその重要性が増していくと予想されます。

この記事ではそんなECサイトを運営される担当者の方に向けて、CRMの必要性と役割をCRMシステム開発会社未来館の編集長である妹尾満隆(セノオミチタカ)が解説していきます。

CRM(顧客関係管理)とは

CRMとは英語にすると(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(Customer relationship management))の略語であり日本語に直すと「顧客関係管理」や単に「顧客管理」と言われます。

リレーションシップというのは、信頼関係という意味です。

ですので、カスタマー(顧客)と信頼関係(リレーションシップ)を構築するマネジメントということになります。

考え方としては、大勢を相手にするマスマーケティングではなく1対1でコミュニケーションをとり、一人一人のお客さんと長く付き合いっていくことに比重を置いた考え方です。

やずや少数盛栄塾の「売上30億円突破への道」のコラムを趣くままにご案内します。
Eコマース、通販ビジネスで30億円を超えたい事業者のみなさまのお役に立てれれば幸いです。
いつでも、無償でご相談を承っています。ご遠慮なくご連絡ください。

続きはこちら

https://bit.ly/3ytmnU8

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]