【無料ウェビナーにご招待】Google広告で最大限の成果を得る”検索+ディスプレイの戦略”-2021年3月25日

Web広告の基礎である検索広告と、ディスプレイ広告。なかでも、Google広告で成果を得るにはこの2つを組み合わせることが欠かせません。実績を基にどのように戦略を立てていたかのノウハウを一挙公開!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Google広告を出す目的は、業種ごとに違えばターゲットも違います。他社が成功した方法をそのまま真似したとしても、成果が得られるわけではありません。

今回のセミナーでは広告の概念や基礎知識のレクチャーから始めていき、リスティング広告の重要性について解説します。その後にリスティング広告だけでなく、ディスプレイ広告と組み合わせて運用する考え方や概念、意味などを説明します。最後に実績を基にした戦略や考え方を紹介しますので、どのように運用していくのか一緒に考えていきましょう。

弊社が運用した実績を基に、広告効果を最大化するための戦略を紹介するセミナーです。

Web広告がメインになっていくこれからの時代を生き抜くための運用術をぜひ学んでいってください。

無料ウェビナー開催概要を確認

検索+ディスプレイの戦略セミナー 概要

“検索広告だけ“はもう通用しません

パソコンを見てもスマホを見ても、一番目にする機会が多いのがGoogle広告です。
2019年1月に実施されたデジタルインファクトの調査結果によると、「デジタル広告市場をリードしていると感じる」手法として、Google広告を上げた広告主が98.0%にのぼりました。
また広告運用のデータ収集を支援するサービス「ハーベスト」によると、運用型広告の投資の約50%をGoogleが占めていることが明らかになりました。

一方で「思いのほか成果が出ない」「どんどん費用対効果が低下していく」といった悩みを抱えている広告主も少なくありません。

なぜでしょうか?

それは多くの場合、商品や市場に問題があるのではなく、Google広告の機能を十分に活用できていない、活用するための戦略がないからです。

アドテクノロジーが進歩し、非常に細かな設定が可能になりました。
しかしWeb広告を出稿する広告主の増加、ユーザーの広告慣れなど様々な要因により、従来のように”ただ広告を出すだけ”では成果が見込みづらくなっています。

Google広告で成果を上げているほとんどの広告主は、検索広告とディスプレイ広告を組み合わせ、さらに新しいターゲティングなどの機能を日々テストしています。

今回のセミナーは、検索広告+ディスプレイ広告がテーマです。
この組み合わせは弊社実績の中でも特に費用対効果が高く、動画広告のように制作費がかからないためすぐに実施できます。

もちろん検索広告とディスプレイ広告を合わせて出稿すれば成果が出るというものではありません。
今回のセミナーでは、5つの事例をもとに、どんなターゲティング、どんな広告クリエイティブ、どんな運用をした結果、成果を大きく伸ばすことができたのかを紹介します。

実績の数値を紹介するだけでなく、ターゲット設定や運用計画に着目し、効果的な運用を実施するために必要な「考え方」について紹介いたします。

無料ウェビナー開催概要を確認

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]