企業スローガンの英文制作~日本と海外との比較~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

以下の英語の文章をまずはご一読ください。
3

お気づきになった方も多いと思いますが、これらは著名な企業の英文企業スローガンです。

グループAが海外の企業。グループBが日本の企業です。
グループAは「特徴的」「覚えやすい」ものが多く、どこの企業のスローガンか思い浮かぶ方も多いかと思います。
グループBはどれも似たようなフレーズでどこの企業のものか直ぐに思い浮かばないかもしれません。

 もしあなたが海外のディストリビューターやエンドユーザーに向けて英文で「企業スローガン」を検討する事になった時にはどんなことを意識する必要があるのでしょうか?また英文Copyライターに依頼すべきことはどんなことなのでしょうか?

広告や企業ブランドの観点から考察すると企業の「社名」や「ロゴマーク」、「企業スローガン」といった類は、「印象に残って覚えやすい。」ことが大切な要素になります。そうした事を踏まえて簡単なポイントを4つにまとめてみました。
 

  • ポイント1)「覚えやすいこと」
    「伝えたいこと」と「印象に残る」ことは少し違います。
    どんなに良いメッセージでも長すぎてしまっては見た人の記憶に中々、残りません。スローガンの意味を数秒で理解できれば強く印象に残ります。英語の特性を理解して短くて覚えやすいスローガンを検討してみましょう。
     
  • ポイント2)「企業や製品のメリットがスローガンに含まれているか?」
    あくまでも「企業スローガン」ですからあなたの会社の商材について、事細かに説明する事はできません。
    短いフレーズの中で「商品やサービスで、どのようなメリットを提供できるのか?」について解り易く伝える事を考えてみてください。
     
  • ポイント3)

▼詳しくはこちら▼
https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l006_201709.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドフラウド
広告詐欺のこと。 主にインターネット広告におけるものを指す場合が多い。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]