会社概要には何を書く?意外と知らない日本向けと海外向けWebサイトの違い

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

海外向けにWebサイトをつくる時、意外と見落とされているもののひとつに「会社概要」ページがあります。

日本の多くの企業が日本向けの表記をそのまま翻訳し掲載しているのを見かけますが、海外の企業とは掲載内容の違いがあり、外国人からみると違和感を感じてしまう事もあるようです。

  • 日本国内でWebサイト
    会社名、代表名、オフィスの住所、設立年、資本金、従業員数、事業内容等の情報を掲載することが一般的です。その企業がどんな規模で信頼できる企業であるか、概要からある程度のことを読み取ることができる日本人にとっては重要な情報になります。
     
  • 海外企業のWebサイト
    会社のビジョンやヒストリー等を簡潔な文章で掲載しているケースが多く、あまり詳細な情報は掲載しないことが多いようです。資本金や売上などは「投資家情報」に分類されることが一般的で、ユーザーもそういった情報を会社概要ページには求めてないといった理由が考えられます。

    N811_chirabattakokkicard_TP_V

また、日本では社長あいさつページを設けるのに対して、海外では社長だけではなくLeadershipメンバーやTeamメンバーの紹介、実際にどのような人たちがどのような仕事をしているかが分かるようにしているケースが多くあります。

もちろん日本の企業でもビジョンやヒストリーは掲載されていますし、最近ではTeamメンバーを掲載している企業も増えてきていますが、掲載する場所や導線など、日本向けのWebサイトのままだと見落とされてしまう場合もあります。

このような違いは外国人ユーザーから見ると何故?と感じることがあり、自分の求めている情報がその場所に無いことによるストレスとなり、サイトからの離脱の原因になることもあります。海外向けのWebサイトをつくる際には設計や原稿制作の段階から外国人ユーザーが何を求めているのかを考えたネイティブ視点の設計が必要になります。

日本のWebサイト制作時にも、あるものを載せておけば良いなどと、あまり重要視されないことがある会社概要ページですが、ユーザーからどう見られているのか、もう一度見直してみても良いかもしれませんね。

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w004_201709.html

この記事が役に立ったらシェア!
tweet11はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]