「英文コピーライティング」と「意訳」。全く異なるってご存知ですか?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「英文コピーって、翻訳とどう違うの?」と改めて質問されることがあります。
英文翻訳という作業はイメージがつくのですが、英文コピーとはどんな仕事なのか、実はよく理解されていないようです。

一方で、翻訳の中で意訳というものが存在しており、「雰囲気で翻訳した文章」「なんとなくかっこいい風」と思われているかもしれませんが、大きな違いについて説明していきたいと思います。

正確ではないが、大意を伝えたいのが「意訳」
残念ながらほとんど全ての意訳は想像の賜物です。翻訳者が英語を理解できていない場合がほとんどで、
 

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201709.html

gori0I9A3064072102745_TP_V

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]