「英文コピーライティング」と「意訳」。全く異なるってご存知ですか?

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「英文コピーって、翻訳とどう違うの?」と改めて質問されることがあります。
英文翻訳という作業はイメージがつくのですが、英文コピーとはどんな仕事なのか、実はよく理解されていないようです。

一方で、翻訳の中で意訳というものが存在しており、「雰囲気で翻訳した文章」「なんとなくかっこいい風」と思われているかもしれませんが、大きな違いについて説明していきたいと思います。

正確ではないが、大意を伝えたいのが「意訳」
残念ながらほとんど全ての意訳は想像の賜物です。翻訳者が英語を理解できていない場合がほとんどで、「こんなかんじかな?」という代物です。力量のある翻訳者であれば、シンプルかつ適切に翻訳をするのですが、それができないのでごまかしている翻訳です。

翻訳言語を母国語とする人たちの気持ち応えるのが「コピーライティング」
意訳と根本的に異なることは、文化の異なる国の人たちに同じ気持ちを伝えるということです。

 意訳は伝えたい国の人の心に届きません。しかし、英訳・和訳でよく見かけるのです。それは「似て非なるもの」で、どこか奇妙で意味おかしな言葉でごまかしています。それは、信用をおとすことはあっても決して共感は得られないものです。

英訳で、「外国人の共感のために書き換えました」という翻訳コメントを見かけました。その支給された英文は、大意は分かる程度の文章で、訴求まで踏み込んだ文面ではありませんでした。ライターは、このくらいなら直せると言って全面的にリライトしてくれましたが、少々申し訳なく感じてしまいました。

当社の英文コピーライティングとは、英語のできる日本人による偽物ではありません。
英語ネイティブによる英文の書き換えなのです。

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201709.html

gori0I9A3064072102745_TP_V

この記事が役に立ったらシェア!
tweet4はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]