アマナが自社の画像生成AI利用ルール「画像生成AI利用ガイドライン」を策定

画像生成AIの活用促進が目的、著作権侵害リスクを回避して安心・安全に利用

ビジュアル・コミュニケーション事業のアマナは、自社の画像生成AI(人工知能)利用ルール「画像生成AI利用ガイドライン」を策定した、と6月12日発表した。画像生成AIの活用促進が目的。同社内で画像生成AIの利用が進む中、著作権侵害のリスクを回避し、社員がAI生成物を安心・安全に活用できるようにした。

画像生成AI利用ガイドラインは専門家の助言を受け、現行の法律での考え方や現在議論されている点を踏まえた。「画像生成AIサービスの確認」「活用シーンの確認」「画像生成時の確認」の3つの確認ステップを設け、その中でビジュアル制作のリスクになるポイントを細分化。チェックできるフローを構築した。

ガイドラインのサンプルイメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]