Shopifyとヤマト運輸が購入前の最短配達予定日表示やコンビでの受け取りサービス開始

国内EC事業者に円滑な配送や受け取りを実現する新サービスを提供し、利便性が向上

ECプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」を運営するカナダShopifyの日本法人、Shopify Japanとヤマト運輸は、Shopifyを利用する国内EC事業者を対象に、荷物の円滑な配送や受け取りを実現する新サービスの提供を3月下旬から順次始める、と3月7日に発表した。ECサイトで購入前に最短の配達予定日を自動で表示し、コンビニエンスストアなどで商品の受け取りが可能になる。

ECサイトで郵便番号を入力すると配達可能な最短日を表示する「最短お届け予定日自動表示アプリ」が追加される。購入時に予定日が分かり、利便性向上と購入率向上につながる。アプリはヤマト運輸が開発・運営管理する。配送に関わるさまざまな機能を提供している「配送カスタム.amp」がヤマト運輸の「EC自宅外受け取りAPI」に対応し、ヤマト運輸の営業所やコンビニエンスストア、オープン型宅配便ロッカーで商品を受け取れる。

商品画面イメージ

国内EC市場はコロナ禍を契機に利用者が増え、コロナ収束後も拡大傾向にあるが、物流をとりまく環境変化で購入者の受け取りニーズが多様化した。社会課題の気候変動の緩和に向けて環境に配慮した配送ニーズも高まっている。ECサイト上で配達予定日を表示するなどのEC利用者の利便性向上に資する機能やサービスは自社でシステム開発する必要があり、特に中小規模のEC事業者にとっては導入のハードルが高くなっていた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]