日本郵便と楽天が物流DXで戦略的提携に基本合意、新たな物流プラットフォームを構築

新会社を設立して共同物流拠点や配送網の構築など検討、国内物流環境の健全化に貢献
よろしければこちらもご覧ください

日本郵便と楽天は、物流領域で戦略的提携に基本合意した、と12月24日に発表した。持続可能な物流環境の実現を目指し、共同物流拠点や配送網の構築など、新会社設立を含めた物流DX(デジタル技術による事業変革)プラットフォームの共同事業化を検討する。

日本郵便が培った全国の物流網や膨大な荷量とデータと、楽天のECサイト「楽天市場」の需要予測や受注データの運用ノウハウなど両社の資産や知見の共有化を最大限に活用して、効率の良い配送システムの構築や利便性の高い受け取りサービスの提供を目指す。

荷物の出し手の企業と受け取り手の消費者、物流従事者などすべてのステークホルダーにとって満足度の高い物流DXプラットフォームを構築する。他のEコマース事業者や物流事業者にも参加を求めて、国内の物流環境の健全化に貢献することを目指している。
 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

顧客生涯価値
企業と顧客が継続的に取引をすることによって、顧客が企業にもたらす価値(利益)を指 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]