2020年下期のネット広告市場、ソーシャル広告・運用型広告が躍進。2021年はキャンペーン費増に期待【CCI調べ】

「インターネット広告予算が増加した」と36.1%が回答、「やや減少した」は41.1%から19.5%まで低下。
よろしければこちらもご覧ください

サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、新型コロナ禍における「インターネット広告市場」の動向に関する調査結果を発表した。調査期間は2020年11月5日~18日で、前回調査(2020年7月)同様に、国内国外のマーケターにアンケートを実施し、2020年下期におけるインターネット広告の出稿傾向をまとめている。

新型コロナ下でのネット広告、「ソーシャル」「運用型」のキャンペーン費増が市場を牽引

2020年上期(7月調査)と比較すると、2020年下期(11月調査)の市況は大きく改善されており、「インターネット広告予算が増加した」と36.1%が回答している(大きく増加した+やや増加したの合計)。一方「やや減少した」は41.1%から19.5%まで低下しており、市況が好転している様子がうかがえる。

「新型コロナ禍におけるインターネット広告取引手法」別にキャンペーン費増減を聞くと、「ソーシャル広告」30.3%、「運用型広告」36.0%でキャンペーン費が増加したとの回答が目立つ。一方で「予約型」については36.2%が減少したと回答している。

なお「運用型ディスプレイ広告市場」については、2020年のキャンペーン費の平均CPMは48.23円(11月末時点)で、2019年の平均CPMである51.08円を下回り、減少傾向にある。

業種別の2021年上期の出稿予想では、飲料・嗜好品、化粧・トイレタリーなどは外出自粛などによる伸び悩みから減少が予測されたが、家庭用品、家電・AV機器などは巣ごもり需要取り込みのためのキャンペーンが増加すると予測されている。

調査概要

  • 【調査対象】広告主、広告会社、メディア、プラットフォーマー、アドテクノロジーベンダー(DSP、SSP、アドネットワーク、DMP、アドベリソリューションなど)、メディアレップなどインターネット広告市場に関係あるマーケター
  • 【調査方法】サイバー・コミュニケーションズおよびSynoにて実施
  • 【調査期間】2020年11月5日~18日
  • 【有効回答数】592(CCI調査:国内300・海外42、Syno調査:国内100・海外150)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]