アドビが「Adobe Acrobat」の拡張機能で「Chrome」上でPDFの編集が容易になるとPR

パソコン上でのアプリケーションの立ち上げ不要、記入・署名・マークアップが可能

アドビは、同社のPDFファイル作成・編集・加工ソフト「Adobe Acrobat」の拡張機能を使うと、Googleのウェブブラウザ「Chrome」上でPDFへのコメント、マークアップ、記入、署名が容易になる、とPRしている。4月12日発表した。PDF編集の際、パソコン上でのアプリケーションの立ち上げやウェブアプリを探す必要がない。

ウェブブラウザにあらかじめ設定されているPDFビューアは、機能が閲覧やダウンロードにが限られる場合があるが、Chrome向けのAcrobat拡張機能を利用すると、さまざまな種類のPDF文書がChrome上で編集できるようになる。アプリケーションを切り替えることなくドキュメントへの記入、署名、マークアップが素早く可能。

Acrobat拡張機能のダウンロードは無料。ダウンロードが終わったらChromeを開いて拡張機能を有効にし、ブラウザのコンテンツ設定でデフォルトのPDFビューアにする。拡張機能を有効にすると、Acrobat PDF作成ツールバーがブラウザに追加され、PDFを作成するためのオプションがコンテキストメニューにも表示される。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]