Sansanが「DM送付オプション」機能追加、DM施策の高度化と送付業務の効率化を実現

「Sansan」のデータベース活用、リスト作成、素材入稿から発送までDM施策を一元管理

名刺管理・請求書データ事業のSansanは、営業DXサービス「Sansan」に「DM(ダイレクトメッセージ)送付オプション」を搭載する、と12月12日に発表した。Sansan上でDM送付先リストの作成や素材入稿、通数・形態の設定、発送まで簡単な操作で一括して申し込むことができる。DMをSansanの顧客データと紐付けて一元管理するとともに、接点情報として蓄積することで他の営業・マーケティング活動に活用できるようになる。

Sansanのデータベースから、メール未開封先や未接触のキーパーソンなどアプローチの条件にあわせて柔軟な条件で送付リストを作成し、開封率の向上が期待できる。1通からの小ロットにも対応しており、各部門やグループ単位でピンポイントにターゲティングした顧客にDMを送付できる。送付リストの作成から発送までワンストップで行えるので、DM発送にかかる工数や手間を大幅に削減できる。

DMのソリューションに実績のあるネクスウェイの「NEXLINKオンデマンド便サービスAPIタイプ」と連携して新機能を実現した。対面営業が困難でDMが活用されるなど紙のDMが再び注目されているが、リスト作成から発送の業務プロセスが煩雑だった。そこで名刺などSansan上に蓄積されている接点情報と企業情報を組み合わせることで、ユーザー独自のデータベースをSansan上に構築できるDM送付オプションを新規開発した。

DM送付オプションの仕組み
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]