「SNS流行語大賞2022」は、人気キャラの口調そのままにTwitter投稿する「〇〇ってコト!?」【イー・ガーディアン調べ】

大賞のほか、「ゲーム」「漫画・アニメ」「テレビ・映画」「食べ物・モノ」の各部門賞も発表。

セキュリティ企業のイー・ガーディアンは、「SNS流行語大賞2022」を発表した。2022年(2022年1月1日~11月7日)にTwitter上で頻繁に使用された(バズった)フレーズを独自集計したもので、2022年で3回目。大賞のほか、「ゲーム」「漫画・アニメ」「テレビ・映画」「食べ物・モノ」の各部門賞も発表されている。

ちいかわ、silent、スプラ3、鎌倉殿の13人など話題のコンテンツが勢揃い

「SNS流行語大賞」2022年は、「ちいかわ」から流行し累計270万回以上つぶやかれた「〇〇ってコト!?」が大賞に輝いた。以下2位「#silent」、3位「#ちむどんどん」と、漫画やテレビドラマ関連の話題がトップ3を占めた。ちいかわ以外でもSPY×FAMILYのアーニャなど、「人気キャラの口調でそのままTwitter投稿」というケースが人気だった。

「〇〇ってコト!?」は、Twitterで連載されている人気マンガ「ちいかわ」の登場キャラクター“ハチワレ”の口癖。テレビアニメ化や企業コラボが相次ぎ、2022年にさらに人気を拡大。「〇〇ってコト!?」はフレーズとしても使いやすく、2021年5月時点での投稿量は1日あたり約600件だったのに対し、2022年11月は約1万件にまで増加していた。ちいかわ関連では「ちいかわ構文」と呼ばれる独特な言葉遣いとして、「なんとかなれーッ!」「こんなになっちゃった…なっちゃったからにはもう…ネ…」「心がふたつある~」など、普段遣いがしやすいフレーズが多く、相乗効果も大きかったと考えられる。

「〇〇ってコト!?」話題量 週次推移(2021年1月1日~2022年11月7日:RT込み)

そのほか、各部門の上位は以下のとおり。

ゲーム部門

9月に発売された「スプラトゥーン3」に関する投稿が圧倒的多数。集計時点では未発売だった「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」は、5位にランクインしている。

漫画・アニメ部門

上位はいずれも1,000万前後の投稿があった激戦区。僅差で「チェンソーマン」をかわして「SPY×FAMILY」が1位となった。「ちいかわ」はここでは4位にとどまる。

テレビ・映画部門

長期にわたりさまざまな話題(とツイートネタ)を提供した「鎌倉殿の13人」が1位。「#全部大泉のせい」など、派生したハッシュタグも多かった。

食べ物・モノ部門

ストレス緩和・睡眠質向上に効果があるとして、売り切れが続いた「ヤクルト1000」が1位。「カヌレ」「琥珀糖」「地球グミ」はさまざまなSNSで写真投稿も話題だった。3位にはモノ部門から「西九州新幹線」がランクインした。

調査概要

  • 【調査対象】Twitter上で頻繁に使用されたフレーズを独自集計
  • 【調査時期】2022年1月1日~11月7日
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]