ハートコアが社内ポータルサイトですぐに使えるCMSの「オフィステンプレート」を提供

テレワーク浸透でオールインワンパッケージ「HeartCore」の社内利用に対応、標準搭載に

コンテンツ管理システム(CMS)開発のハートコアは、オールインワンパッケージ型CMSの「HeartCore」で企業の社内ポータルサイト利用に特化した「オフィステンプレート」の提供を始めた、と9月2日に発表した。テレワークの浸透とワークスタイルの変化で社内ポータルサイトやイントラネットサイトでの利用が増えているためで、HeartCoreの強固なセキュリティをベースに企業がすぐに使えるオフィステンプレートを標準搭載した。

社内ポータルサイトやイントラネットサイトで多くの企業で使われてきたノウハウを反映したテンプレートには、認証、ポータル、お知らせ、スケジュール、アンケート、掲示板などの機能がある。ソフトとハードを自社運用するオンプレミスのほか、クラウド活用のSaaSでも提供する。有償となるが、HeartCoreの「PIM(商品情報管理)/DAM(デジタルアセット管理)機能」を活用した製品情報管理や多言語対応も可能だ。

HeartCoreは、これまで国内650社以上に導入されている。社内ポータルサイト基本版の価格はHeartCoreに含まれるが、サーバなど別で、SaaS利用ではクラウド代も別途必要。新たな取り組みとして、オフィステンプレートのライセンス形式は「MITライセンス(マサチューセッツ工科大学で作成された寛容型オープンソースライセンス)」とする。今後、パートナー各社による便利な部品も公開して利便性を向上させていく。
 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]