ヤフーがフィッシングメール対策で「Yahoo! JAPAN」配信の正規メールにアイコン表示

「Gmail」「Google Workspace」が対応した「BIMI」導入、正規メールがひと目でわかる

ヤフーは、フィッシングメール対策のため、「Yahoo! JAPAN」から配信するメールにアイコンが表示される規格「BIMI(Brand Indicators for Message Identification)」を導入した、と9月6日に発表した。Googleの「Gmail」のようにBIMIにシステム対応しているメールソフトには、Yahoo! JAPANのアイコンが表示される。ユーザーは、Yahoo! JAPANから配信された正規のメールがひと目でわかるようになる。

BIMIは、送信ドメインの認証技術「DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance)」と「認証マーク証明書(VMC)」で成り立つ。配信したメールが正規のメールであるかをDMARCが判断し、VMCでドメインとアイコンの正当性を保証する。フィッシングメールの増加が近年問題視されており、正規メールの視認性向上が有効な対策として期待されている。

ヤフーが導入したBIMIは、GoogleがGmailで2021年7月からシステム対応しており、Yahoo! JAPANから配信するメールをGmailや、Googleのグループウェア「Google Workspace」で受け取ったユーザーは正規のメールがひと目でわかる。今後は、「Yahoo!メール」でもBIMIへのシステム対応を予定している。現在システム対応しているメールソフトや今後の予定は、BIMIのホームページで確認できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]