ミスタードーナツがキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」と「メルペイ」を導入

ミスドが取り扱うキャッシュレス決済ブランド数は交通系・二次元バーコードなど20に

ダスキンは、フード事業の「ミスタードーナツ」でキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」と「メルペイ」が9月5日から店頭で利用可能になった、と同日発表した。ミスタードーナツで取り扱うキャッシュレス決済ブランド数は合計20になった。なお、取り扱い決済サービスはショップにより異なる。

電子マネーは「Kitaca」、「Suica」、「PASMO」、「TOICA」、「manaca」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」、「iD」、「楽天Edy」、「WAON」、「nanaco」。二次元バーコードは「au PAY」、「PayPay」、「d払い」、「楽天ペイ」、「メルペイ」。ポイントサービスは「楽天ポイント」、「dポイント」。

ミスタードーナツは、1955年にアメリカで創業したドーナツチェーン。日本では清掃用具レンタル・訪問販売事業のダスキンが1971年から展開し、2020年で50周年を迎えた。2014年10月に楽天ポイントと楽天Edyを導入して、楽天グループのサービスと連携してきた。メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」で利用できるスマホ決済サービス。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]