ヤフーがトレジャーデータと連携、データクリーンルーム「Yahoo! Data Xross」を開発

「Yahoo!広告」で23年春から利用開始、プライバシーを保護しながら顧客データを活用

ヤフーは、データマネジメント事業のトレジャーデータと連携して新たなデータクリーンルーム「Yahoo! Data Xross(ヤフー・データ・クロス)」を開発して2023年春頃に提供を始める、と7月19日に発表した。トレジャーデータが保有する顧客データ基盤「Treasure Data CDP」に格納されたデジタル広告やメール配信、アプリプッシュ通知の履歴などの顧客データを、「Yahoo! JAPAN」が保持するデータを用いて分析できるようになる。

「Treasure Data CDP」と連携したデータクリーンルーム「Yahoo! Data Xross」のイメージ

 

データクリーンルームは、個人を特定しない形でWebでの行動履歴や購買データをつなぎ合わせてデジタルマーケティングに活用するデータ基盤で、プライバシー保護を最重視した安全な環境で取り扱う。Yahoo! Data Xrossを活用して深い顧客インサイト(潜在ニーズ)の抽出やレポート作成、有効な広告配信ができ、実購買データやオフラインコンバージョン(最終成果)への広告貢献の可視化が実現する世界を目指す。

Treasure Data CDPは、国内外450社以上に提供されている顧客データ基盤。Yahoo! Data Xrossとの連携をあらかじめ行うことで、企業のシステム開発負担を軽減する。閲覧履歴で訪問者を識別するクッキーベースではなく、顧客IDベースでインサイトの抽出や広告効果を計測し、最適化された広告配信の実現を目指す。分析結果はユーザー単位ではなく統計データのみ閲覧するようシステムで制御し、利用は「Yahoo!広告」に限定する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]