LINEとトレジャーデータが業務提携、データクリーンルームソリューションを共同開発

LINEのデータとトレジャーデータの「Treasure Data CDP」のデータ連携で広告を配信

LINEとデータマネジメント事業の米国トレジャーデータは、業務提携契約を5月18日に結んだ、と同日発表した。両社は、プライバシーの保護と企業のマーケティングニーズを両立させるデータクリーンルームソリューションを共同開発する。併せて、LINEのコミュニケーションアプリ「LINE」の活用促進に向けたデータ連携強化とソリューションの開発を進める。

データクリーンルームは、個人を特定しない形でウェブでの行動履歴や購買データをつなぎ合わせてデジタルマーケティングを可能にするデータ基盤。両社は、LINEがユーザーの同意を得て取得したデータと、トレジャーデータの顧客データ基盤「Treasure Data CDP」のデータを組み合わせてメッセージや広告配信などを行うデータクリーンルームを開発する。

これによってLINEは「LINE広告」「LINE公式アカウント」など法人向けサービスで得た顧客インサイトの抽出や、分析結果に基づく高い効果が見込める顧客の抽出と有効なメッセージ、広告配信を行う仕組みの提供を目指す。例えば、これまで難しかった実購買データやオフラインでのコンバージョン(最終成果)への広告の貢献の可視化が実現できるようになる。

LINEの活用促進に向けたデータ連携の強化では、LINE広告、LINE公式アカウントなどLINEのマーケティングソリューションのデータと、Treasure Data CDPのデータ連携を容易にするためのAPIを開発して提供。企業のLINE活用をより効果的で容易にする。さらに、LINEの各種サービスとTreasure Data CDPの連携とソリューション開発で顧客の利便性を高める。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]