NTTドコモが「ドコモ広告」で同意に基づいてライフスタイル関連広告を配信する機能提供

サイトやアプリ利用時にドコモが発行するIPアドレスを利用、広告配信の同意取得を開始

NTTドコモは、同社のデジタル広告配信サービス「ドコモ広告」で、顧客の事前の同意に基づいてライフスタイルに関連性の高い広告を配信する機能の提供を10月に始める、と5月18日発表した。契約中のドコモの通信回線で顧客がサイトやアプリを利用した時にドコモが発行するIPアドレスを利用。「IPアドレスを用いた広告配信に関する同意」の取得を5月19日に始める。

ドコモが発行するIPアドレスで顧客を識別して独自の広告専用IDを生成し、顧客の趣味・好みに関連すると判断した広告を配信する仕組み。パーソナルデータの取り扱いに関する顧客の同意事項などに基づき、属性データなどで興味・関心を判定する。第三者が発行・運用するCookie(クッキー)で収集されるデータを使うことなく顧客それぞれに合わせた広告が提供できる。

サービスの概要

プライバシーに配慮した新たな広告配信機能として展開。ドコモ以外のメディアの広告配信にも対応させる。顧客は、広告配信への同意・拒否の変更が「パーソナルデータダッシュボード」内の「広告目的でのIPアドレス利用の利用設定」でいつでも可能。同意・拒否を設定すると、変更するまでその状態を保持するため、cookieのようにサイトごとに設定する必要がない。

「パーソナルデータダッシュボード」での同意・拒否設定画面イメージ
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]