電通グループが「Premium Viewインストリーム動画広告」でメディア横断配信を最適化

動画、静止画、オーディオ、OOHの複数メディア配信の最適化とログベース検証が可能に
よろしければこちらもご覧ください

電通と、デジタルマーケティング事業の電通デジタル、インターネット広告事業のCARTA COMMUNICATIONS(CCI)の電通グループ3社は、動画内に流れるインストリーム運用型広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」で、CARTA HOLDINGSのDSP(広告主向け広告配信プラットフォーム)「PORTO DSP」の活用を始めた、と7月8日に発表した。DSPの選択肢が拡充し、メディア横断の配信最適化と効果検証ができる。

 

PORTO DSPは、厳選した質の高い媒体と優良コンテンツを配信対象にした統合プラットフォームで、音声広告配信サービス「Premium Audio」や、デジタルOOH(屋外)広告配信サービス「Premium DOOH」と接続している。動画や静止画、オーディオ、デジタルOOHの複数メディアを横断した配信最適化やログベースの検証が可能になり、統合メディアプランニングを強化して広告主のマーケティング活動を促進する。

「メディア統合プランニング」では、Premium Audioに3回接触して認知が高まったユーザーにPremium Viewの動画広告で理解促進するクロスメディア最適化ができる。「ログベースの精緻な統合メディア効果分析」では、接触状況の把握が困難だった音声やOOH広告をログベースで把握して精緻な効果検証が可能。DSPの多様化でアドフラウド(広告詐欺)除外や、多様なオーディエンスデータを活用したターゲティングも期待できる。

 

メディア統合プランニングの一例

 

ログベースでの精緻な統合メディア効果分析の一例
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]