KDDIとローソンがスマートフォンの位置・購買情報から特典・値引きを配信する実験実施

ユーザーのニーズに応じた特典や店舗別値引き情報を提供、効果検証して来春展開開始へ
よろしければこちらもご覧ください

KDDIとローソンは、KDDIのスマートフォンユーザーの位置・属性・決済情報と、ローソンの購買情報を活用し、ユーザーごとのニーズに応じた特典や、店舗別の値引き情報をスマートフォンに配信する実証実験を9月24日~10月31日に実施する、と9月24日発表した。ユーザーごとの特典は全国約1万3700のローソン店舗、値引き情報は埼玉県の10店舗を対象にする。

ユーザーごとの特典は、KDDI、ローソンそれぞれのデータからニーズを分類し、分類に合わせた推奨商品と特典提供の提案を適したタイミングで配信する。例えば、20~40代の働く女性に帰宅途中のタイミングでお勧めのデザートを告知し、商品を購入すると共通ポイントサービス「Pontaポイント」100ポイントを特典として還元する。実証実験で購買効果を調べる。

お客さまのニーズと状況に合わせた特典提供のイメージ

店舗別の値引き情報は、各店舗の状況に応じて店舗周辺を訪れそうなユーザーに向けて店舗限定の提案を来店前に実施。例えば、消費期限が近付いた弁当、調理パン、調理麺、ベーカリー、デザートを最大50%割り引く情報を夕方や夜間を中心に配信する。店舗の廃棄ロス削減にもつなげられる。実証実験を通して、各店舗のマーケティング施策の効果を検証する。

店舗ごとの値引き情報配信 (廃棄ロス削減) のイメージ

この実証実験で行う施策は、2021年春の展開開始と、同年度中の全国のローソン店舗への導入を目標にする。KDDIとローソンは、両社の顧客基盤を生かしたデータマーケティングの推進や先端技術の活用による新しい消費体験の創出に向け、2019年12月16日に資本・業務提携契約を結んでいる。今回の実証実験は、新たな消費体験の創出への取り組みの一環となる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]