バーチャル展示会がウェブブラウザで開催可能なサービス「バーチャル展示会360」開始

スペースラボ、来場者はにぎわいを感じながら会場内を見学、最短1週間で開催が可能
よろしければこちらもご覧ください

3D CG制作・バーチャル空間設計事業のスペースラボは、バーチャル展示会がウェブブラウザで開催可能なサービス「バーチャル展示会360」を始める、と9月9日発表した。高品質、高速、低コストで開催できるという。アプリのインストールが不要で、会社支給でセキュリティのかかったパソコンやスマートフォンでも利用できる。

ウェブブラウザからストリートビューで参加する仕組みとなる。同社が保有する10万点以上のCGデータを活用。音声での呼び込み機能や、回遊性を高めるコンテンツ設計によって、来場者はにぎわいを感じながら会場内を見学できる。ECサイトのような目的探索型とは異なり、ウインドーショッピングに似た新しい出会いを創出する。

アナリティクス機能があり、人気エリア、人気コンテンツ、人の流れのデータなど来場者の行動データを分析することで、デジタルマーケティングへの移行が容易に可能になる。バーチャル空間は最短1週間でつくる。展示会主催者の利用料は出展20社規模・開催期間1週間で150万円から、出展者はバーチャル空間の制作費20万円から。


バーチャル展示会の様子その1


バーチャル展示会の様子その2


バーチャル展示会の様子その3

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]