プラットフォーム・ワンのDSP「MarketOne」がGumGum JapanのSSP「GumGum」と接続

コンテキスト広告の活用の幅が拡大、さまざまなニーズに対応した広告配信が可能に

インターネット広告取引基盤開発・運営のプラットフォーム・ワンは、同社のDSP(広告主向け広告配信プラットフォーム)「MarketOne(マーケットワン)」が、独自の画像認識技術によるAI(人工知能)活用事業のGumGum Japanが提供するSSP(広告収益最大化プラットフォーム)「GumGum」との接続を完了した、と8月28日発表した。

GumGumは、カスタマイズ可能な独自フォーマットの広告クリエーティブが生活者の関心に沿った文脈(コンテキスト)で配信できることが特長。今回、MarketOneとGumGumの接続が完了したことで、コンテキスト広告の活用の幅が広がり、広告主や広告会社はこれまで以上にさまざまなニーズに対応した広告配信が可能になる。

GumGumのコンテキストターゲティング、ブランドセーフティ(ブランドを損なう可能性のあるサイトへの広告掲載防止)、独自のクリエーティブフォーマットがプログラマティックバイイング(運用型広告)でも生かせる。コンテキストターゲティングはウェブサイトの画像と文章をAIで理解し、文脈に沿った広告が配信できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]