Yextが情報発信・管理プラットフォーム「Yext Search Experience Cloud」を吉野家に提供

吉野家が進める検索体験でのDXを支援、吉野家は導入後に検索による顧客との接点が増大
よろしければこちらもご覧ください

情報発信・管理プラットフォーム事業の米国Yext(イエクスト)は、同社の同プラットフォーム「Yext Search Experience Cloud」を牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家に提供し、同社が進める検索体験でのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援している、と8月28日発表した。同社は導入後、検索による顧客との接点が増えた。



Yext Search Experience Cloudは、企業のブランドサイト、検索エンジン、マップ、SNSなどさまざまなデジタルサービス上で正確な情報発信を可能にするプラットフォーム。検索に最適化されたデータベースを構築して検索エンジンに情報を提供することで、企業はオンライン上の自社の情報を一元管理し、コントロールできるようになる。

吉野家は、従来のSEO(検索エンジン最適化)対策ではなく新技術に対応した検索のための構造化データの仕組みなどを評価して採用した。構造化データはウェブ上のデータを検索エンジンが理解できるよう意味付けし、認識されやすくすること。導入半年でマップビューが180%増、店舗のページビューが80%増、経路検索が130%増になった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]