IASがブランドセーフティ・適合性の統合ソリューション「Context Control」の展開開始

自然言語解析と機械学習で30言語が解析可能、ブランド適合性ターゲティング機能を搭載
よろしければこちらもご覧ください

デジタル広告検証・不正対策・最適化ソリューション開発の米国Integral Ad Science(IAS)は、自然言語解析と機械学習によるブランドセーフティ(ブランドを損なう可能性があるサイトへの広告掲載防止)・適合性の統合ソリューション「Context Control(コンテキストコントロール)」の展開を始める、と8月25日発表した。

日本語を含む30の言語が解析可能。ウェブページなどオンラインコンテンツの文脈、感情、情緒を分析し、ブランドイメージに合わないコンテンツを避け、適合性の高いコンテンツにだけ広告配信できるブランド適合性ターゲティング機能を搭載。機械学習でのページレベルの分析や言語学者によるターゲティングを実現する。

センチメント(情緒)とエモーション(感情)分析によってデジタルコンテンツのセンチメントを検出し、関連する感情が同時に識別可能な唯一のソリューションだという。パブリッシャー向けのソリューションにも対応し、広告主に対して文脈に沿ったコンテンツをパッケージ化することでインプレッションの収益化を支援する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]