AI広告運用サービス「LocalFolio」がスマホで広告効果を分析できる「MyFolio」を提供

オンライン広告と電話問い合わせのオフラインの効果を可視化、リアルタイムで確認
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告コンサルティングと運営のローカルフォリオは、AI(人工知能)広告運用サービス「LocalFolio」で、広告効果をリアルタイムで確認・分析できる「MyFolio(マイフォリオ)」の提供を7月31日から始めた、と同日発表した。スマートフォンに対応し、広告主は外出時や移動時でも広告効果を分析できる。

 

スマホ画面

1月に「ローカルフォリオ ダッシュボード」でβ版公開した正式版。月次PDFレポートをダウンロードして広告パフォーマンスを回覧できる。問い合わせ電話を計測するサービスと連動し、CV(最終成果)計測▽CVが生じたキーワード可視化▽通話録音による内容確認など、入電による広告成果を把握する「コールトラッキング」にも対応している。

 

パソコン画面

ローカルフォリオは「Google」「Yahoo!」「Facebook」「Instagram」広告の入札単価調整と予算配分をAIで自動的に最適化する運用サービス。MyFolioでスマホでもインターネット広告のオンラインと、電話問い合わせなどオフラインの両方の広告成果を可視化できる。「Googleマイビジネス」と連携したロケーションデータ分析機能も予定している。

 

レポートサンプル1

 

レポートサンプル2

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]