PIANO JapanがCookieを使わないDMP「Piano Zero」提供、データセキュリティ規制に対応

ゼロパーティデータと1stパーティデータを収集・管理・収益化してメディア企業を支援
よろしければこちらもご覧ください

カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)プラットフォームやデータマネジメントプラットフォーム(DMP)を展開するPIANO Japanは、Cookie(クッキー)=ウェブサイトがスマートフォンやパソコンに保存する情報=を使わないDMP「Piano Zero」の提供を日本で始める、と3月23日発表した。データセキュリティ規制の強化に対応する。

Piano Zeroは、ゼロパーティーデータ(顧客が自ら進んで提供するデータ)や、同意取得に必要なサイト上での施策の実施と、ID管理を可能にするソリューション。ID管理とファースト(1st)パーティデータ(企業が自社の顧客やウェブサイト訪問者に関して収集した情報)DMPを組み合わせ、セグメント管理や類似セグメントが作成できる。

ゼロパーティデータと1stパーティデータを収集・管理・収益化することで、メディア企業を支援する機能を提供する。さまざまなウェブブラウザが3rdパーティ(自社やパートナー企業以外の第三者の提供データ)Cookieのブロックを開始。メディア企業は、ゼロパーティデータと1stパーティデータの有効活用が必要になるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]