「SHANONアドクラウド」に「ポストクッキーダイナミックリターゲティング広告」を追加

国内初、シャノンとIMが連携、サードパーティーCookieに依存することなく利用規制に対応

マーケティングソリューション開発・コンサルティングのシャノンは、同社の広告プラットフォーム「SHANONアドクラウド」に、サードパーティーCookie(クッキー)に依存しない仕組み「ポストクッキーダイナミックリターゲティング広告」を加える、と7月14日発表した。国内で初という。データマネジメントプラットフォーム(DMP)事業のインティメート・マージャー(IM)と連携する。

クッキーレス型のダイナミックリターゲティング広告。ダイナミックリターゲティング広告は、商品・サービスページへのユーザーの訪問履歴を基に、再訪問と購入を促すために関連広告を自動生成して表示する手法で、多くがサードパーティーCookieに依存する。サードパーティーCookieは「iOS」で利用できなくなり、「Chromeブラウザ」も2023年に廃止されることから対策が求められる。

IMは、サードパーティーCookieを使うことなく、異なるドメイン間でデータ連携する共通IDソリューション「IM-UID」を提供。個人情報に抵触しないデータのマッチング処理によって、ユーザーが訪問したウェブページが判定できる。シャノンはダイナミックリターゲティングの最適化エンジンなどに強みがあり、両社の連携でポストクッキーダイナミックリターゲティング広告を実現した。

ポストクッキーダイナミックリターゲティング広告では、IM-UIDの活用でiOS環境へもリーチが可能になり、リターゲティング配信対象のユーザーが大幅に拡大。サードパーティーCookieが取得できない層だけへの配信もできる。シャノンは、サードパーティーCookie利用のダイナミックリターゲティング分野で1000案件以上の運用実績があり、精度の高い配信エンジンが提供できる、という。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]