プレイドがCXプラットフォーム「KARTE」でユーザビリティ調査「Usability Scale」開始

KARTE内でアンケートがすぐ実行できるパッケージ、アンケート設計・実行・分析が容易
よろしければこちらもご覧ください

顧客体験(CX)プラットフォーム事業のプレイドは、同社の同プラットフォーム「KARTE(カルテ)」でウェブサイト利用者やスマートフォンユーザーに直接アンケートし、結果を集めて分析レポートが得られるパッケージサービス「Usability Scale(ユーザビリティスケール)」を開始した、と2月6日発表した。CX改善に不可欠なユーザビリティ調査の負担が軽減でき、費用も削減可能。


「Usability Scale」のユーザー回答画面イメージ

KARTEは、ウェブサイトやアプリを使う顧客の行動をリアルタイムに解析し、それぞれに合わせたコミュニケーションを可能にする。Usability Scaleは、ユーザビリティに関するアンケートがKARTE内ですぐに実行できるパッケージで、アンケート設計から実行、分析の一連の作業が容易にできる。設問数を少なく設計すれば、大量の回答を短期間に集めることも可能。

回答結果をセグメント別に分析したり、自由回答のコメントを抽出したりした詳細レポートも別料金で提供する。業界や他のサービスとの比較も今後予定する。サービス開始時は、富士通と、メディア事業のイードが共同開発した「ウェブユーザビリティ評価スケール」を基にしたパッケージを提供。その後、ユーザビリティの他の評価手法や、独自のアンケートをそろえて拡充する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]