BtoB用マーケティングオートメーション「List Finder」で「Salesforce」とのAPI連携を正式提供

Innovation & Co.、Salesforceに登録されている顧客の情報が一括してインポート可能に

オンラインメディアサービスのイノベーションのグループ会社でBtoB(企業間取引)に特化した営業・マーケティング支援のInnovation & Co.は、同社のBtoB向けマーケティングオートメーションツール「List Finder」で、CRM(顧客関係管理)ツール「Salesforce」とのAPI連携機能の正式提供を始めた、と1月20日発表した。

List Finderのユーザー企業はSalesforceの利用率が高いことから、利用企業の業務効率化に向けてAPI連携機能を開発・実装した。企業が現在利用しているSalesforceのアカウントと、List FinderをAPIを使って連携することで、Salesforceに登録されている顧客の情報をList Finderに一括してインポートできるようになる。

SalesforceとのAPI連携機能で顧客情報をインポート

List Finderは、BtoB企業の営業活動に必要な機能をピックアップしたマーケティングオートメーションツール。今検討したいと考える見込み顧客へのアプローチが可能になる。今後、SalesforceとのAPI連携機能をさらに強化するとともに、シナリオ設定による自動メール配信機能を強めたり、各機能の利便性向上を進める。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]