リコーグループとJR西日本コミュニケーションズがAR活用の電車内広告の実証実験実施

ARサービスのスマートフォンアプリと中づり広告を連動、第1弾はリコーの360度カメラ

リコーと、リコーグループでオフィス製品の国内販売を行うリコージャパン、JR西日本系広告代理店のJR西日本コミュニケーションズは、AR(拡張現実)を活用した電車内広告の実証実験を6月17日に始める、と6月12日発表した。リコーが展開するARサービスのスマートフォンアプリと、JR西日本の京阪神地区の中づり広告を連動させる。

リコーのARサービスは、独自の画像認識技術による「RICOH Clickable Paper」で、ポスターや書籍など紙媒体にスマートフォンをかざすと、関連する複数のデジタルコンテンツやサービスに誘導できる。QRコードや特定のマーカーは不要。誘導したコンテンツやサービスへのアクセスログを取得し、マーケティングデータに生かせる。

 

中づり広告から商品サイトや動画に誘導して商品の理解を深め、購入意欲を高められる。実証実験は、電車内の紙面広告とデジタル広告をつないで付加価値を高めることを目的に2020年3月31日まで実施。電車内広告・交通広告の多様性や今後の可能性を立証する。第1弾としてリコーの360度カメラ「RICOH THETA」の広告を掲示する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]