PR TIMESがリコーと業務提携して360度の画像を使ったリリースが配信できるサービス開始

企業は360度の画像を容易に撮影してリリースに表示可能、撮影用カメラと三脚をレンタル

プレスリリース配信事業のPR TIMESは、リコーと業務提携して同社の技術を活用した360度の画像を使ってリリースが配信できるサービスを始める、と3月25日発表した。企業は、新情報を公表する際に360度の画像を容易に撮影し、リリースに表示できるようになる。両社は、双方の顧客に対する営業・マーケティングでも協力する。

リコーは全方位をワンショットで撮影可能なカメラ「RICOH THETA(リコーシータ)」を展開すると同時に、360度のイメージを使ってコンテンツが作成できるクラウドサービス「THETA 360.biz」を提供。今回、RICOH THETAで撮影した画像をTHETA 360.bizで保存し、リリース投稿画面に簡単に挿入する機能をPR TIMESと共同開発した。

企業は店舗、オフィス、工場といった施設や各種の催し物など、自ら発信するリリース情報の価値が高められ、リリースを受け取る報道関係者は通常の静止画よりも多くの情報が得られる。360度画像は記者向けダウンロード素材の中に埋め込みタグとして提供でき、報道機関がニュース報道の素材として使用することも可能になる。

イメージ画像
操作画面のイメージ
360℃画像のイメージ

 

PR TIMESの利用企業は撮影用カメラのRICOH THETAと三脚がレンタルできる。THETA 360.bizには、PR TIMESの使用料(1配信3万円か月契約8万円)に加えて月額5000円からの料金が必要。営業・マーケティング協力では、PR TIMESとTHETA 360.bizの活用企業それぞれを対象に利用法や撮影ノウハウを伝える広報活動勉強会を開催する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

アーティクル・スピニング
既存のコンテンツを書き換えたり、その一部を流用したり自動置換したりして、同一では ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]