広告クリエイティブが最適化できる効果予測モデル「AI feed designer」の提供を開始

サイバーエージェントがダイナミックリターゲティング広告で、最適な1枚が選択可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、ダイナミックリターゲティング広告で広告クリエイティブ(素材)が最適化できる効果予測モデル「AI feed designer(エーアイフィードデザイナー)」の提供を始めた、と3月25日発表した。配信前に効果を予測して複数のクリエイティブをランキング。最適な1枚が選択できる。

サイバーエージェントと人工知能(AI)技術開発のABEJAが共同出資する広告クリエイティブ自動生成システム開発のCA ABEJAが開発したAIとプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用した。多くのクリエイティブを配信して結果を確認するA/Bテスト(比較テスト)の過程を開始する前に最適なクリエイティブが選択可能になる。

 

テストの結果では、表示画像の約70%で別の画像の方が効果があるとなった場合に効果予測が高いとする画像に替えたところ、クリック率が最大140%、コンバージョン(最終成果)数が120%になった。ダイナミックリターゲティング広告は広告主の商品データとユーザーのサイト行動履歴を合わせて最適な広告を表示させる手法。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]