Supershipの「Ad Generation」のヘッダービディング広告配信がネイティブ広告に対応

オープンソースプログラム「Prebid.js」使用、透明性の高い広告取引で収益向上期待
よろしければこちらもご覧ください

KDDIグループでデジタル広告事業のSupershipは、同社の媒体社向け広告配信プラットフォーム「Ad Generation(アドジェネ)」のヘッダービディングによる広告配信で、新たにネイティブ広告への配信に対応した、と3月25日発表した。ヘッダービディング広告配信に対応可能なフォーマットは、ディスプレイ広告だけだった。

ヘッダービディングは複数事業者で公平な入札競争を行い、高単価の広告を優先的に媒体社のメディアに配信する仕組み。ネイティブ広告はコンテンツに溶け込ませるような広告。今回媒体社の要望を受け、ヘッダービディングのオープンソースプログラム(JavaScript)「Prebid.js」を使ったネイティブ広告配信を可能にした。

 

これによって媒体社は、ヘッダービディングのデマンドパートナーにアドジェネを加えることでネイティブ広告の配信が可能になり、透明性の高い広告取引での一層の収益向上が期待できるという。同時に、アドジェネと接続するDSP(広告主向け広告配信プラットフォーム)にも公平で透明性の高いオークション環境を提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス