インバウンド事業会社のVpon JAPANが官公庁向けにアジア全域の海外旅行者のビッグデータを提供開始

訪日旅行者層をより正確に把握でき、効果的なマーケティングアプローチが実現
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/9/7 7:00

インバウンド事業のVpon JAPANは、同社が保持するアジア全域6000万人の海外旅行者データの提供、および日本政府観光局(JNTO)のような官公庁に対して、自身の保有するユーザー分析を含むインバウンドに特化したビッグデータソリューションならびにBIツールの提供を開始した、と9月5日発表した。これによりターゲットとする訪日旅行者層をより正確に把握でき、効果的なマーケティングアプローチが実現できる。

JNTOでは2020年には4000万人、2030年には6000万人と見込んでいる訪日観光客の来訪促進活動において、より効果的な誘致のためにデジタルマーケティング部門を2017年に新設し、ビッグデータ活用を開始している。

台湾、香港、上海、シンガポール、東京、大阪に拠点を持つVponではこのJNTOなどの官公庁の活動に対して、Vponの訪日旅行客に関連したセグメントデータを提供し、JNTOのケースではオンラインユーザーデータの分析を含め、データの視覚化ツールを提供することでより効果的なプロモーション展開を支援する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]