ビービットと電通デジタル、「ユーザグラム」のデータを活用したMAのシナリオPDCAメソッドを提供開始

ユーザグラムで企業の顧客行動を分析、MAのシナリオPDCA支援サービスを提供
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティング支援のビービットと電通デジタルは、共同でビービットのデジタル行動観察ツール「ユーザグラム」の活用により、マーケティングオートメーション(MA)のシナリオPDCAの支援をするメソッドを開発し、12月12日よりサービスを開始する、と同日発表した。MAの活用を進める企業が増加しているなか、ビービットと電通はユーザグラムの活用で企業の顧客行動を分析し、MAのシナリオPDCAを支援するサービスを提供することにした。

ユーザグラムを活用したサービスでは、分析プラットフォームとしてユーザグラムを活用し、電通デジタルが各種MAのシナリオPDCA支援をトータルで実施する。顧客行動に基づいたコミュニケーションシナリオの構築、運用が実現し、顧客の事業成長とデジタルマーケティングの進化に貢献する。サービスは、ビービットのユーザグラムと、電通グループのマーケティング手法を活かすことで、顧客行動分析によるシナリオ策定から配信運用まで一貫したPDCAの支援を実現している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]