ログリーが広告配信システムでユーザーの興味を分類・可視化する技術開発、特許を取得

同社のプラットフォームに採用、キーワードの出現頻度などで興味の度合いを推定・分類
よろしければこちらもご覧ください

ウェブサービス開発のログリーは、広告配信システムでユーザーの興味を分類・可視化する技術を開発して特許を取得した、と7月11日発表した。同社のネイティブ広告(記事に溶け込ませた広告)プラットフォーム「logly lift」での記事レコメンド・広告配信の仕組みや、メディアサイトの分析ツール「Loyalfarm」での読者の興味を可視化するレポーティング機能に採用した。

ログリーが特許を取得したユーザーの興味分類・可視化技術は、ウェブサイトを訪れたユーザーの行動履歴からウェブページのコンテンツを解析し、ユーザーとコンテンツ内のキーワードを結び付ける。その際、キーワードの出現頻度などで興味の度合いを推定してユーザーごとに分類する仕組みとなる。ユーザーにさまざまな興味キーワードを付与したデータベースが構築できる。

データベースによって、広告のターゲティング配信、類似ユーザーの抽出、興味グラフやターゲットにするオーディエンス(広告の受け手)の可視化など、さまざまなサービスで応用可能になる。ログリーはこの技術を活用し、単一のウェブページで興味グラフを抽出してCookieに依存しない広告配信の仕組みを構築している。嫌われない広告のためのプライバシー問題にも取り組む。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]