スマートフォン広告、約半数の広告主が主要SNSやYouTubeへ出稿【VRI調べ】

VRIは、スマートフォン広告統計サービスの調査対象に主要SNSと動画サイトを追加したことによる集計結果の変化をとりまとめた。

ビデオリサーチインタラクティブ(以下「VRI」)は、同社が提供するスマートフォン広告の広告統計サービス「SmartPhone Ads Report」の調査対象に、新たに主要SNSおよび動画サイトを追加したことによる集計結果の変化をとりまとめた。

VRIは今年4月に主要SNS(Facebook/Instagram/Twitter)を、5月にYouTubeを調査対象に追加。これにより、主要なアプリ/スマートフォン専用サイトにおける約420の広告スペースが集計対象となっている。

広告主数は3,454社に。うち1,258社は追加4媒体のいずれかのみに出稿

主要SNS(Facebook/Instagram/Twitter)とYouTubeが調査対象に追加された2018年5月度のスマートフォン広告の出稿広告主数は3,454社となった。これらの媒体が追加される前の2017年度(2017年4月~2018年3月)の月間平均での広告主数は2,175社。

5月度データをもとに、追加4媒体と従来の調査対象媒体における広告出稿状況をみると、追加4媒体のいずれかに出稿した広告主数は1,801社、従来の調査対象媒体のいずれかに出稿した広告主数は2,196社。

1,258社(広告主全体の36%)は追加4媒体のいずれかのみに出稿していることから、今回の媒体追加によって、これらの広告主の動向が新たに捕捉されるようになったといえる。

主要SNSとYouTubeでは製造業とITの出稿比率が高い

5月度のスマートフォン広告出稿社数の業種別シェアを、追加4媒体と従来の調査対象とで比較してみると、相対的に追加4媒体では「製造業」「IT業種」のシェアが高く、「専門店(小売)」「住宅・不動産」のシェアが低い傾向にある。

なお、追加した4媒体(Facebook/Instagram/Twitter/YouTube)のすべてにスマートフォン広告を出稿した広告主は、5月度は25社あった。飲料や化粧品といった一般消費財の大手ナショナルクライアントの社名が挙がっている。

調査概要

  • 【調査対象】主要なアプリ / スマートフォン専用サイトより選定した約420の広告スペース
  • 【調査方法】実際にスマートフォン端末(OS別)を使用し、広告素材を取得しデータベース化
  • 【調査時期】2017年度(4月~3月)および2018年5月
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTA
CTAは「Call To Action」の略。日本語の意味としては「行動喚起」と ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]