ログリー、Cookieを使わずにユーザー属性を推定する広告配信最適化エンジン「SYNAPSE D-engine」を開発

ユーザーを一意に特定する技術を使用せず、ユーザー属性を推定し、広告の配信が可能に

アドテクノロジー事業のログリーは、Cookieを使用せずにユーザー属性を推定する特許技術を用いた広告配信最適化エンジン「SYNAPSE D-engine」を開発し、ネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」に搭載した、と10月2日発表した。

ログリーは、これまでに取得した特許技術を利用して広告配信最適化エンジンSYNAPSE D-engineを開発し、LOGLY liftに搭載した。Cookieなどのユーザーを一意に特定する技術を使用せず、ユーザーがWebページにアクセスした際に取得できるURL、日時、端末情報などのアクセスログを基にユーザー属性を推定し、広告を配信することが可能となる。

GDPR(EU一般データ保護規則)やITP(Apple社がプライバシー保護とセキュリティ強化を目的にiOS/macOSに実装した機能)などのユーザーのプライバシー保護に関わる法律や仕組みが整備される中、ログリーは「嫌われない広告」を実現すべく、ユーザーのプライバシーを考慮した広告配信技術の研究開発を進め、特許を取得してきた。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]