ログリー、Cookieを使わずにユーザー属性を推定する広告配信最適化エンジン「SYNAPSE D-engine」を開発

ユーザーを一意に特定する技術を使用せず、ユーザー属性を推定し、広告の配信が可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/10/3 16:53

アドテクノロジー事業のログリーは、Cookieを使用せずにユーザー属性を推定する特許技術を用いた広告配信最適化エンジン「SYNAPSE D-engine」を開発し、ネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」に搭載した、と10月2日発表した。

ログリーは、これまでに取得した特許技術を利用して広告配信最適化エンジンSYNAPSE D-engineを開発し、LOGLY liftに搭載した。Cookieなどのユーザーを一意に特定する技術を使用せず、ユーザーがWebページにアクセスした際に取得できるURL、日時、端末情報などのアクセスログを基にユーザー属性を推定し、広告を配信することが可能となる。

GDPR(EU一般データ保護規則)やITP(Apple社がプライバシー保護とセキュリティ強化を目的にiOS/macOSに実装した機能)などのユーザーのプライバシー保護に関わる法律や仕組みが整備される中、ログリーは「嫌われない広告」を実現すべく、ユーザーのプライバシーを考慮した広告配信技術の研究開発を進め、特許を取得してきた。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]